2006年2月 9日 (木)

さすがに

更新してなさすぎでしょ?

ってことで、一応たまには更新しましょ~的なね。

いや、ちょっと前までは、

毎日ちゃ~んと更新してたのにね。

オカシイなぁ~。

なんでこうなったんだろう。

シオンちゃん、ちょー不思議~。

なんて言ってみたりとか。

なんか久しぶりに更新すると、

今まで自分がどんなキャラで更新してたのか、

全く分からなくなりますね~。

自分自身を見失ってますね~今。

まぁそんなことはいいんですけど。

それなりにやってきますよ。

っていうか今までもそんなキャラなんて、

考えたことあったか?

って話ですからね。

なんか思いつくがままに、

ただこうしてパソコンを打ってるだけ、みたいな。

そんなんで成立するなら、

それでいいや的なね。

う~ん、なんだかよく分かんなくなってきたんで、

本題、いっちゃお~かなぁ。

みんな、準備はイイ?

それじゃ、いっちゃうよ~☆^∇゜)

うん、いいや、今日はこんなキャラでいこう・・・!

というちょっとぶりっ子キャラとは打って変わって、

話題はSIAM SHADEの話なんですけども。

最近僕は、

SIAM SHADEにどっぷりとハマっておりましてですね。

まぁ現在聴いてるのは、

「SIAM SHADE Ⅸ A-side collection」

「SIAM SHADE Ⅵ」

「SIAM SHADE Ⅴ」

この3枚なんですけども。

こういうタイトルにしておくと、

アルバムのタイトルを決める手間が省けていいですよね。

たしかFIELD OF VIEWもこんな感じでしたけど。

この3枚、

まぁ売れてからの3枚ではありますが、

かなりイイんですよ、これがまた。

やっぱりベストに入ってる「Life」ですか。

これが一番好きなんですけどね。

なんかこの曲はすごく心に響くものがありますね。

この曲の儚さとか切なさとか、

すごく好きです。

聴いててすごく心地よい感じ。

あとは、熱いものを感じるSIAM SHADEの曲は、

どれも大好きです。

伝えたい想いを5人で一丸となって、

がむしゃらにぶつけてきてる感じがいいのかなぁ~。

「曇りのち晴れ」とか、

「せつなさよりも遠くへ」とかもすごくイイし。

アルバムの曲もイイんですよね。

「SIAM SHADE Ⅴ」の中だと、

「MONKEY SCIENCE」とか「Grayish Wing」とか、

すごくイイし、

「SIAM SHADE Ⅵ」の中だと、

「MOON」「I am I」がイイかなぁ。

「I am I」って、

僕から見ても絶対英語として成立してないですけどね。

SVSになってません?

まぁそんなことはイイんですけど、

めっちゃカッコイイなぁ~と感じてるわけです、今。

SIAM SHADEに。

もはやいろんなイイバンドが解散して、

伝説となってしまってますけど、

このバンドも伝説のバンドのうちの一つかな。

なぁんちって・・・。

途中からキャラを忘れて、

普通に語ってましたね。

いやぁ~だってぇ。

SIAM SHADEカッコイイんだも~ん(≧∇≦)

って今さら出してみましたけど。

っていうかこのキャラ、23歳の男がやってると思うと、

普通にキモイですよね。

僕も他の23歳の男がやってたら、

おそらくキモイと思うんで。

っていうか何でこのキャラをやろうと思ったんだろう?

っていうか、何でこのキャラが出来てしまうんだろう?

自分自身が不思議だなぁ。

まぁいいや。

んでは、そろそろ寝ますわ。

相変らず文はめちゃくちゃですな。

その辺は変わってないかも~。

んで虎場も変わりなし。

ほんではさいなら~。

| | コメント (69) | トラックバック (4)

2006年1月30日 (月)

元気玉と同様に

世界中の人間の鼻くそを集めて丸めたら、

もの凄い巨大な鼻くそが出来上がると思います。

敵を押しつぶすことの出来る、

強力な武器となる鼻くそ。

鼻くそが殺傷力を持つようになるのは、

一体何人の鼻くそを集めたときか。

これ、トリビアの種のコーナーでやってほしいですね。

・・・・。

・・・今日はこれだけです。

一応虎場。

| | コメント (18) | トラックバック (4)

本題①

はぁ~い。

再び記事書きま~す。

なんとかもう一個ぐらいは書けそうな気がするんで。

もう一個行こうかな、と。

まぁ日は既に変わってるけど。

っていうかここからが本題だからね。

ここを書かないと、

前フリだけで終わることになっちゃうから。

んでは、今回こそはちゃんと本題行こうかなってことでね。

まぁ一応タイトルも「本題①」にしちゃったし。

変えればいいんだけど・・・・

いや、なんでもない、

さぁ行こう、本題。

ん~、何だっけ本題って。

あ、そうそう、アリス九號.のCD買ったって話、

しようと思ってたんだよね。

そう、買いましたよ、

アリス九號.の新曲「九龍~NINE HEADS RODEO SHOW~」

最初これ見たとき、「九頭龍閃」が頭に浮かんだのは、

私だけでしょうか?

う~ん、イイっすね、この曲。

最初は全くピンと来なかったんですけど、

よく聴くとめちゃくちゃカッコイイなぁ~って思えて。

PVもイイっすけどね。

普通にカッコイイ。

なんかドラマ「聖龍伝説」の舞台みたいな感じになってます。

安達祐実主演のドラマですけど。

やっぱり同じ「龍」だと、

みんなあんな感じの風景を想像するんでしょうね。

アリス九號.、こうして動いてる映像を見るのは、

実は多分初めてぐらいなんですけど、

こうして見ると、

やっぱりカッコイイっすね~。

やっぱりボーカルの将さん、相当カッコイイですよ。

今ケータイの待ち受けが将さんですけどね。

Diary_01 この写真。

まぁ勝手に公式ページから取って、

ケータイに送ったモンなんですけど。

みなさんもよかったらどうぞ。

ホントカッコイイですよ、この写真。

っていうか写真長くて、画像とかぶる文がいっぱい・・・

と、画像終わりました。

なんか、僕的に、

画像載せたらその下に文を続けたいんですけどね。

なんかイマイチその辺のやりかたが分からなくて。

ってことで。

アリス九號.の新曲、買ってよかったです。

ちなみに僕はAタイプのCD+DVDだけを買おうと思ったんだけど、

まぁ結果的にBタイプと両方買っちゃいましたね~。

だってさ。

両方買うと、缶バッチが2個とポストカードと、

おまけに次のシングルとアルバムとの連動スタンプまで、

もらえるっていうんだもん。

これは買っちゃうでしょ?

っていうかとりあえず、

ポストカードマジ欲しい!!

アリス九號.のポストカードなんて、

カッコイイに決まってますからね~。

そりゃ買いますよ、ポストカードのためなら。

っていうか連動スタンプもね。

2つ買わないと押してもらえないらしくて。

次のシングルも2つ買わなきゃみたい・・・。

大変だなぁ~自分のことながら。

んで次のシングルと同時発売の、

アニメの主題歌のシングルも買うし、

アルバムももちろん買う。

かなりの出費になりそうな予感、

ラルクばりの予感バリバリしてます。

まぁでもアリス九號.みたいなカッコイイビジュアル系は、

僕にトキメキをくれますから。

しこるまではいかないにしてもね。

というわけなんで、

まぁそんな話だったわけですけども。

今回あんまり余計なこと書いてないですね。

アリス九號.の曲に関する素直な想い、

これをつづった日記となりました。

ちなみに僕はこの曲の最後の、

「今僕が 引き金を引き、撃ち抜いて あげよう 君たちの頭を」

フレーズがかなり好きですね~。

錆びついたマシンガンで、

君たちの頭を撃ち抜こうってことですね。

いいわぁ~この曲。

よかったらみなさんもお買い求めください。

もちろん、AタイプとBタイプ両方ね。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006年1月29日 (日)

前フリ

KENGIROばりにやばい・・・

全然更新してなかったじゃん。

ホントに女王目指してまっしぐらって感じで。

んわけで、とっとと更新しようと思いますが。

う~ん、じゃあとりあえず、

ここ最近で起こったことを順番に書いていこうかな、と。

しかもわざわざ一つ一つ分けて書いていこうかなぁ~みたいな。

まぁ記事数稼ぎってとこですね。

それでは早速。

細かい小ネタとかで話をつなげてもいいんですけど、

書くネタがちゃんと、

いや・・・まぁちゃんとってわけでもないけど、

一応あるんで、

マーシーばりの細かい小ネタは、

日記を書きながらってことでね。

って、なんか今日僕やたら改行してない?

記事数稼ぎもそうだけど、

行数稼ぎまでしようとしちゃってるよ・・・僕。

これって僕、小学生の頃、

作文の授業で「原稿用紙2枚以上」とかって課題出されるじゃないですか。

それで改行とか会話文とかやたら使いまくって、

あと、「ました」「でした」などの丁寧語を用いて行数を増やし、

ギリギリ2枚目の1行目とかまで持ってく戦法。

これをよく使ってたんですけど、

それと同じようなもんですよね。

一つの文を、つなぎ言葉を使って二つに分けたりとかして、

そうやって行数を増やしてますからね。

そう、上の文がまさにそう。

「そうやって」とか、こういう言葉使うのがミソ。

これで記事を長くして、

いかにも「頑張って書きました」感を出すわけですね。

そんな浅ましき悪知恵、

よく子供の頃から23歳まで持ち合わせているもんだなぁ~僕。

っていうか、そういう知恵って、

意外と子供もちゃんと持ってるもんですよね。

何か失敗をやらかしたときとか、

お母さんに叱られないようになんとかごまかそうとするじゃないですか。

こういうのって、子供の頃から持ち合わせていて、

なお且つ大人になっても使えるものなんですよね、きっと。

そういうもんなんだなぁ~思いました。

まぁだから何だ?って言われたらそれまでですけど。

そういえば確か小さい頃、

お風呂場で誤ってうんこしてしまったとき、

思いっきり転んだフリをして泣きだしつつうんこを隠し、

親が心配して僕を見てるスキに排水溝のフタを開けて、

うんこを流したような記憶が、

かすかにあります。

それで上手くいったのかどうかは覚えてませんが、

まぁ小さい子が転んで泣いてたら、

その子に対して親がさらに怒ったりなんてしないですからね。

うんこの件は、まさに水に流されたわけです。

お、結構上手いこと言った?

というわけで、

勘のいい方なら薄々気づいているとは思いますが、

とりあえず行数を稼いだところで、

この記事に関してはここで終りです。

終わる気でいます。

っていうか、途中から気づきましたね、僕も。

「これはこれで終われる!」と。

そんなわけで、

これはこれで一つの記事ってことで。

そういうことになりましたんで。

この時点で、タイトルを「前フリ」に変更。

本題は次の日記にて。

ってまぁ本当に本題へ行くかどうかは、

日記を書いてみないと、

僕自身もわかんないんだけどね。

というわけで、みなさん、

まぁ出来たら今日中に更新しますんで、

よかったらチェックしてみてくださいませ。

それじゃあバイバイ。

シェキドルでした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年1月25日 (水)

ってゆ~かぁ

昨日、普通に更新してないじゃん・・・。

いやぁ、一応一回しこったら更新しようと思ったんだけどさ。

ちんちん握ったまま寝ちゃったんだよね~。

まぁよくあることだからさ、許してちょナンカン。

ちなみに昨日は何を書こうとしていたのかというと、

「パンツに穴が開いた」

と。

それだけ報告しとこうかなぁ~って思って。

そう、僕のみどりのトランクスの、

ちょうどキンタマの辺りがやぶけてて。

何でキンタマの辺りなんてやぶけるのかは解りませんけども。

僕のキンタマの表面、

そんなに擦るような手触りじゃないと思うんだけどなぁ。

そんなに鋭利なキンタマ?

僕のキンタマって。

鋭利なキンタマで心臓を一突きにされてます!みたいな。

この場合って・・・刺殺になるの?

キンタマで刺されて死んだ人間は、

もう人類が誕生して何万年(?)と経つけど、

今だかつてまだいないと思うなぁ。

まぁ人類初の存在になれるポイントの一つではあるよね。

穴を棒のようなもので一突きにされてます!

っていうなら、

まぁ思わず勃起するような想像はつくけどね。

それで挿れた瞬間に死んだとしたら、

それもまた刺殺?

刺したことによる死だったら、

やっぱり刺殺だよね。

まぁそんな殺意たっぷりでセックスする人間、

男も女もいないと思うんだけど。

あ、でもガンダムSEEDのフレイって、そんな感じだったっけ?

まぁよく分からないけど。

とりあえず、「僕のパンツに穴が開いた」という、

その報告は出来ましたね。

トランクスに穴が開いた。

ちょうど、自爆して復活してパワーアップしたセルに心臓を貫かれたトランクスと、

状況的には似てますね。

あのときはドラゴンボールで元に戻ったから、

僕のパンツもドラゴンボールで元に戻せばいいのかなぁ?

でも、パンツの穴を元に戻すために世界を旅するのって、

なんだか大変そうだなぁ。

誰か、ドラゴンレーダー持ってませんか?

| | コメント (12) | トラックバック (17)

2006年1月23日 (月)

マーキーちゃんのお話

今日、HEY!HEY!HEY!見ました?

マーキーちゃんでましたね~。

いやぁ、めっちゃ嬉しかったですわぁ。

僕こないだMステ見逃したんでね~。

ちょっとしこり逃した部分大きかったんで。

しこりしこらされてカーニバルになりきれなかったんで。

今日はちゃんとカーニバルできました。

いやぁ、HEY!HEY!HEY!なんて久しぶりに見ましたわ。

なんか公式HP見た感じだと、

あるコーナーにチラッと出るみたいな、

そんな感じかなぁ~って思ってたんですけど。

ちゃんとダウンタウンとトークしてて嬉しかったですわ。

ちょっとギターの人でしゃばりすぎだったけどなぁ。

僕はマーキーだけ見れれば幸せだったのに。

もっとマーキーアップで。

おっぱいを横から写して、

ふくらみをもうちょっと強調してほしかったなぁ。

おまけに、「一輪の花」のバックプリントのパンツをちょこっと見れたら、

僕はそのカメラマンの腕を、最高だと認めてあげるんだけど。

今日のカメラマンは、

ちょっとマーキーを撮らせるにはウデが足りなかったようで、

残念でした。

まぁでもマーキーという素材の良さは十分に伝わりますからね。

それだけで十分しこれましたとさ。

めでたしめでたし。

まぁとにかく、マーキーちゃんは何度見ても、

めちゃくちゃかわいいですな。

「一輪の花」のPVのマーキーちゃんいいなぁ。

「一輪の花」もPV付きだったらよかったのに。

っていうか、ハイカラのPV集出たら絶対買うなぁ。

早く発売してくれたらいいのに~。

マーキーちゃんの17歳~18歳にかけての、

カラダの成長し具合を、じっくりと観察したいですよ、あたしゃ。

っていうか虎場。

女王のところに「マーキーちゃんのお話」って。

全然関係ないじゃん・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (11)

2006年1月22日 (日)

ドゥーン!

といっても、村上ショージさんではなくてですね。

ラルクの「DUNE」ですけども。

これを一日中聴いてましてですね。

っていうか「ドゥーン!」じゃなくて、

正確には「デューン」なんだけどね。

あ、もうこの時点で記事のタイトルおかしいの分かっちゃったなぁ。

村上ショージさん別に要らなかったわぁ。

どうしよう。

でもまぁショージさんがかわいそうなので、

敢えてそのままでいきます。

っていうか直すのめんどくさいんで、

そのままってことでお願いします。

ということで、ショージさんの話はここで終わりってことで。

この「DUNE」ってアルバム、

聴いてたわけですよ、今日一日。

いやぁ~、このアルバムのおかげで、

今日一日、家から出ようなんて発想自体起きませんでしたね~。

おかげで雪が積もっていたことなんて、

さっき洗濯しようと窓を開けるまで気づかなかったですよ。

いつから降ってたの?みたいな

座間に雪が降るとは。

びっくりです。

というわけで。

とりあえず語りたいっていうことなんですよね。

今この「DUNE」というアルバムに改めてハマってると。

そういうことなんで、いきますよ~。

っていうかさ。

僕いつも日記書いた後自分で読み返してないんだけど、

実際読むとどんな感じなんだろうね?

僕いつもとりあえず日記の書くテーマだけ決めて、

あとは思いつくままに文を打ってるだけなんだけどさ。

意味分かる?これ。

僕の喋ってる風に書いてる、口調そのままのこの感じが、

活字としてちゃんと伝わってるのかどうか。

その辺がすごい不安ですね~。

ちゃんとした文として伝わってるかというのは、

まぁ諦めるとして、

せめてニュアンスだけでも伝わってればと思うんですけど。

どうなんでしょう?

いい?

大丈夫?このまま本題いっても。

平気?

じゃあいくよ。

ではでは。

このアルバムですけど。

この頃のラルクって、やっぱりビジュアル系ですよね。

どう考えても。

そりゃ怒って帰られても、爆笑問題だって困るよと。

そのくらいビジュアルロック要素たっぷりな、

怪しげなオーラを放つアルバムです。

いやぁでも、ラルクのアルバムだけあって、

ボーカルの声はやっぱりhydeさんですね。

当たり前だけど。

アリス九號.のボーカルの声がhydeさんに似てると思ってたけど、

実際こうして聴くと、やっぱりhydeさんとは違う気がする。

あ・・・僕、アリス九號.のボーカルの声hydeさんにそっくりだよ!って、

結構多数の人に言っちゃったけど・・・どうしよう?

まぁいっか。

「若干似てる」ってことに、こっそり訂正しときます。

んで、そう、アルバムの中身。

今日改めて聴いたら、

「この曲もイイじゃん」って思う曲がたくさんあって。

こうしてもう一度聴きなおすと、

「なんでこんなイイ曲が入ってるのに気づかなかったんだろう?」って、

思ってしまうようなことが結構ありますね。

今までは、だいたいこのアルバムを聴くときは、

1,2,5,6,11,13,をプログラム再生して、

そればっかり聴いてたんですけど。

とんでもなかったですね、こんな聴き方。

一番いいとこだけとって、そればっかり~みたいな。

まるで、穴に挿れるだけ挿れて、

前戯を楽しむのをすっかり忘れてた・・・みたいな。

なんとまぁ愚かなる聴き方でした。

・・・まぁこの例えはちょっとどうかな?

なんかただ「この辺で下ネタ使っときたいなぁ~」的な感じたっぷりで、

ムリヤリな感じがしますけど・・・。

まぁそんなことはさておき。

実際のところ、8,9とかもめちゃくちゃよかったですよ。

まぁでも、とりあえずイイのは「Voice」とか「予感」とか。

「予感」って相当好きですね~僕的に。

まずイントロのkenさんのギターの音がもの凄いカッコ良くて、

すごいうっとりしますね。

とにかくkenさんのギターはカッコイイし、

kenさんの創る曲はどれもこれもスバラシイ曲ばかりです。

世界観がすごいですね。

暗く、広く、美しく、壮大な世界。

言うならば「魔界」です。

kenさんの作る世界は「魔界」です!

kenさんは「魔王」です!

「魔王ハドラー」です!

いや、「暗黒魔界の王ダーブラ」です!!

・・・うん、まぁとにかく、

このアルバムの中のkenさんの創る世界は、

僕にとってすごく居心地のいい世界で。

その居心地の良さを最も感じられるのが、

僕がただ単に今まで聴き流してきただけの楽曲、

9曲目の「As if in a dream」ですね。

こんなイイ曲を聴き流してきたとは。

でもここに来て、この曲を新鮮な気持ちで聴けるってのは、

ちょっと得な感じもします。

そうポジティブシンキング、これ大事。

と、まぁそんな感じで、

今日はずっとこの「DUNE」を聴きながら、

魔界にいるような心地よさを味わってました。

でも魔界を創り出すって、ある意味究極だよね。

やっぱりラルクは昔からすごかったんだなぁ~って思いました。

というわけでこの辺で。

シオンちゃんによるアルバム紹介は終わりたいと思いますが。

あ、ちなみに僕が聴いてたのは、

「DUNE」といっても一昨年に再発売した新しい方ですね。

こっちの方が、「予感」とか入っててイイんですよ。

僕「予感」聴きたいだけのために、

ライブDVDとかも買ったし。

去年出た、ピンク色のやつ。

未だに「予感」しか見てないけど、いいわぁ。

Dir en greyの「予感」と同じぐらい好きです。

というわけでみなさんも、

よかったら、まだ聴いてないという方は、

是非オススメです、このアルバム。

そんなわけで、シオンちゃん、今日は、

主に、「『DUNE』を聴いていた」という一日でした。

キンモクセイばりに、さらば!

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2006年1月21日 (土)

う~ん、ついに

やってしまいました・・・。

昨日更新してねぇ~。

いやぁ、バイトから帰ってきていろいろやってたら、

いつの間にか寝ておりましたわ。

ん~、これを機に段々日が空くようになってきちゃうのかなぁ~。

やだなぁ~。

僕ダンダン娘とか呼ばれたくないもん。

・・・。

まぁ、いいや。

どうせ週末は特別なことでもないと外に出ないし、

一人カラオケぐらいでしか外に出ないし、

空いた日の分の日記は、あとでこっそり更新しておこう。

あたかもその日に書いた分の日記みたいに、

「いやぁ~今日は疲れたよ~」みたいなこと書いておけば。

きっと誰も気づかないはず。

よし、それでいこう。

うん・・・。

というわけなので、昨日の日記これ終わったら書きます。

書くと思います。

いや、書きます。

きっと書きます。

亀頭を掻きます。

それでは、とりあえず今日の分の日記を。

そう・・・っていうかこれ昨日の話じゃん。

まぁいいや、

昨日の話を、今日の話として書きます。

初恋を最後の恋として、一生あなたの事愛したい、みたいなね。

まぁBerryzですけども。

その年で最後の恋って・・・明らかに早すぎるでしょ?

早過ぎる時のまばたきにさらされてるよ・・・。

もうちょっと頑張ろう。

これから青春時代が待ってるんだから、

引きこもるとかじゃなくて、もうちょっといっぱい恋しよう。

そっちの方が、大人になってから後悔しなくて済むよ。

お兄さんからのアドバイスだ。

と、まぁそんなことはいいんだけど。

久々にちゃんと更新しようと思ったら、

歌ネタ爆発No.1しっちゃったべさ。

さぁさ、本題本題。

今日・・・ってか昨日、女王のブログ見たんですけど。

あ、やっぱりやめた!

これ昨日の日記ってコトにする!

そうかぁ、そのテがあった。

そっか。

昨日の日記と合わせて、

<前編><後編>みたいにしちゃえばいいわけね。

まぁなんだかんだ言ってるうちに、

今日の日記だって結構長い分になってるし。

昨日の出来事なんだから、昨日の日記として書くのが正しいもんな。

そうだ、そうしよう。

ってことで、これで終わりなんですが・・・。

ちょっとヤル気なさすぎるんで、

時間あったらもう一つ、本日中に更新するかもです・・・。

スイマセン・・・。

というわけで、このノリで昨日の日記、今から書きます!

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年1月20日 (金)

というわけで

明日の日記の続きです。

なんかヘンだよね、明日の続きが今日って。

アイスマンのアルバムみたい。

「GATE Ⅱ」が出てから、「GATE Ⅰ」が出る、みたいなね。

まぁそんな話はいいとして。

そう、明日の日記を書いてる途中で、

「あ、これって昨日の話だ!

昨日の日記のネタとして使・・・じゃなくて、

昨日の日記に書くべきことなんじゃないか?」

ということに気づいたので、

こうして20日の分の日記に、

今からその「書くべきこと」を書こうかなぁって、

そんな感じなんですわ。

これが、え~っと明日までのあらすじです。

やっぱり明日までのあらすじとかってヘンだね。

やっぱりアイスマン・・・(以下略)

ってことで、じゃあ書きますね。

っていうかさぁ。

2話に渡ってるって、何気にプレッシャーだよね。

「すっごい面白い話あるから聞いて!」って言ってるのと同じだよ。

自分で自分のハードルもの凄い上げてる、みたいな。

まぁでもね、

僕はそんなプレッシャーなんぞ物ともせず、

マイペースで行きたいと思いますよ。

僕が僕らしくある~ために~♪ってね。

んじゃあ、今度こそ本題。

そう、明日の日記でチラッと話題に入りかけたとおり、

女王のブログが更新されてたんで、見たんですわ。

まぁ内容は女王のブログを見てもらえれば分かるんですけど。

これ共感できる部分がありまして。

まず「ハングリー精神」というものですが。

これは僕はまだなくはないと思うんですよ。

現状に満足するということは今のところないんで。

というか僕には女王と違って満足できる要素がないので、

そこは根本的に違うところだと思いますが。

う~ん、でもぉ。

そんな僕と女王でも、ちゃんと共感できる部分があったわけですよ。

なんだか「ホントに共感できたっけ?」と不安にもなってきたんで、

もう一度自分に言い聞かせるように書きましたが。

そう、あれですよ、共感できる部分ってのは、

「社交的な人はすごいなとは思うけど、自分は無理」ってところとかね。

まぁつまりマイナスの意味でなんですけど・・・。

でもこれはね、女王もそうだとしってちょっと安心しましたよ。

いや、そりゃあね。

僕だって社交的にいきたいし、

みんなと仲良くできたらいいなって思いますよ。

でもそれって無理じゃない?

この世にはいろんな人間がいるんだから、

その中に合う人間と合わない人間が出てくるのは、

ごく自然なことだよね。

僕は女王と同じく社交的な人間ではないので、

その合わない人間との接し方が分からないのですよ。

いや、僕別にそんなに堅い人間でもないんですけどね。

仲良く接してくれて、一緒に楽しもうって言ってくれるような人は、

多少趣味の部分で違ったりしても全然受け入れるし、

僕も心から仲良くしたいって思うんだけどね。

でもその分、合わない人はとことん合わないっていうかね。

「社交的な人」というのが、

そういう人ともある程度仲良くやっていける人を指すんだとしたら、

僕には無理だなぁ~と、そんな風に思ったわけですよ。

まぁ大した話じゃないな。

そんなに2回に渡って書くような話でもなかったみたい。

まぁ要はですね。

味方は大好きだけど、敵は大嫌いだと。

その辺の好き嫌いがハッキリしてると。

女王が最近自分もそうなってきたと言ってたので、

あ、僕もだ!と思って、ちょっと嬉しかっただけですよ。

女王と近づけたような気がしただけですよ。

それでちょっと勃起しただけですよ。

2~3回しこっただけですよ。

もはや何が言いたいのか、自分でもよく分かりませんよ。

ん~、まぁそんな話だったかぁ。

いや、僕の中でももうちょっと盛り上がると思ってったんだけど。

書いてるうちに、

「あれ?もしかしてこの話って、大した話じゃない?

っていうか、こんなの語っても、憂鬱になるけだけ?

夏の憂鬱?それともザクロ型の憂鬱?」みたいな、

そんな風に思ってしまいました。

まぁでも今回の女王の記事には、

ちょっと思うところがありましたね~。

でもそれって、そんなにヤバイのかなぁ。

別に誰とでも仲良くできなくても、

仕事上だったらそれなりにちゃんと上手くやるし。

別に良くない?ダメ?

でも・・・やっぱり羨ましいなぁ。

特に、女のコとでも、

ちゃんと緊張しないで面白おかしいお話できる人って、

僕すっごく羨ましいと思います。

僕未だに女のコと目が合っただけでドキドキしちゃうもん。

まぁそのドキドキを失いたくはないけど。

・・・でも、もうちょっと頑張りたいなぁ。

うん、そうだね。

結局、めぐりめぐって、そういうことが言いたかったんだと思う。

っていうか願望?

そう、それだよ。

女のコと上手く接するって、難しいよね~。

これ共感できるって人、結構居ると思う。

共感できた人は是非、自身のブログにそれを書いて、

トラックバックでもしちゃってくださいなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2006年1月19日 (木)

ほーい、こんばんは★

なんか、昨日の日記を読んだ方、

このタイトル見ただけで、イヤな予感がしたんじゃないでしょうか。

さては今日もあんまり書く気ないな~?

みたいに思わなかった?

う~ん、その予感、当たらずとも遠からず。

いや、でも別に、ヤル気がないわけじゃないのよ。

ただそんなに書くことがないし、

加えて眠いしで。

なんか燃える素材なしに書くのも、

しこる素材なしで、

無心で陰茎だけシゲキしてるみたいで、

もどかしい、みたいな。

もどかしくて爪を噛んでしまうわ、みたいな。

ん~、ということで、

今日もあんまり書くことはないの。

んでもほら、一応日記だから。

とりあえず、あったことを面白おかしく書ければな、と。

あ、出来るだけ、面白おかしくね。

危ない危ない、

自分で自分のハードル上げるところだった・・・。

というわけで。

今日の出来事ですけども。

今日もバイト行ってきました。

今日の仕事は、ず~っと一人で孤立しながら、

12時間も一人で、カンタンな手作業やってましたよ。

ず~っとってのも辛いんだけどね。

でもまぁ基本的にずっと歌を歌ってたり、

妄想してたりしてるからね。

歌は、まぁいろんな歌を歌ってまして、

ちなみに本日の選曲は、

「溺愛の水槽」メリー

「未成年」ガゼット

「ザクロ型の憂鬱」ガゼット

「月下想葬」Kagrra,

「好きすぎて バカみたい」DEF.DIVA

「夢の雫」T.M.Revolution

こんなとこですかね~。

いやぁ、V6ばりにUTAO-UTAO状態ですけども。

やっぱり歌を歌ってると楽しく仕事も出来るってモンですからね。

で、あと妄想の方は、相変らず順調です。

まぁ言うまでもなく、

一人で作業してるときといえば、

基本的に僕は勃起してるんですけども、

妄想に入ったときは、まず勃起フル回転って感じで。

ボッキングゴールド①です。

「①」は、ちんちん一本って意味ですね。

さすがはゴマキちゃん、エロイ娘だわ。

というわけで、

あ、わりと長く書けた感じ?この日記。

じゃあ・・・寝ていい?

いいよね?

寝るよ?僕。

ついでに屁こくよ?

今いくよ&今くるよに続いて、屁こくよ?

いい、こくからね。

・・・あぁ。

あぁ「FIRST KISS」。

というわけで、最後まで悪あがきのごとく引き伸ばし、

この辺で終了といたします。

うん、多分平日はこんな感じだけど、

休日になれば少しはよくなると思うんで。

まぁみなさん、よかったらまだまだ見放すことなく、

見に来てもらえればと思います。

それでは、aikoばりにおやすみなさい。

| | コメント (9) | トラックバック (4)

«ほーい、シオンちゃんです